葬儀載せ生前予約をしておくことのメリット

病院に入院していて、担当医に「延命治療をしますか」と聞かれた場合、その人の死期は近いと考えられます。

もし、その人が亡くなった場合、病院側は、死亡診断書を書いてくれてすぐに、遺体から、汚物が流れないように看護師さんが死後処理をしてくれます。その後病院側に遺体はおけませんので、葬儀社から寝台車で遺体を葬儀を行う場所、または自宅とかお寺まで運搬をしてもらいます。どこの葬儀社を使うか決まっていない場合、病院側から紹介をしてくれる場合もありますが、かならずしもそこを利用する必要はありません。

寝台車をすぐに利用しなければなりませんので、医師「延命処置はどうしますか」と聞かれた時点で、葬儀社をきめておくと、その後の準備が、非常に楽になります。いわゆる生前予約をしておくのです。入院中であれば、まだ、家族の手や時間が空いている場合もありますので、各葬儀社のお葬式のセットの内容も、比較検討しやすいのです。このセットは、各お葬式を行ってくれる会社によって内容が違いますので、丁寧に検討をして見る必要があります。

また、日常でもお葬式をしてくれる会社が運営している互助会に入っておくのも一つの方法です。病院で死亡診断書をもらった時点で、その会社に連絡をしてもいいですが、少し前にその会社に生前予約をしておくと、予め電話番号を教えてくれるので、病院で、「遺体をすぐにひきとるように」と言われた時に慌てずにすみ、その後のお葬式の準備にもスムースに入ることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *