仏式の葬儀で行う焼香の種類と方法

仏式の葬儀で参列者が行なう焼香は、宗派や葬儀形式で多少の違いがあります。

あらかじめ焼香の基本を覚えておくと、どの方法であっても慌てずに済みます。焼香には、線香と抹香の2種類があります。線香はスティック状のお香を、抹香は刻んだお香を使います。一般的に通夜では線香、葬儀、告別式では抹香を使用するのが慣例でした。しかし最近は、通夜でも抹香を扱う例が増えています。線香式は、ろうそくで火を着けて線香を立てるのが基本の作法です。

厳密には宗派によって、立てる数が違います。例えば天台宗や真言宗、曹洞宗では3本立てます。臨済宗は1本立て、浄土真宗では線香を折ったうえで、横にして置くという違いがあります。抹香式の場合、お香をつまむ回数が宗派で異なります。3回行うこともあれば、1回のみのこともあります。最近の葬儀では、どんな宗派でも1回のみで済ます例も増えています。

また、焼香を行う姿勢には、1人ずつ進み出て行う方式と、座ったままで香炉が回ってくる方式があります。1人ずつ行う方式では、立って行う立礼式と、座って行なう座礼式があります。いずれの方法でも、間違えずに行えるかどうかよりも、心から故人の供養を願うことが重要です。焼香の方法が分からなくても、大抵の場合は会場で説明があります。説明された手順に従えば、問題ありません。しかし、事前に種類や形式を知っておくことで、どんな方法の焼香を行うことになっても落ち着いてこなせます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *