葬儀の際のふさわしいマナーについて

日本は冠婚葬祭が大変盛んな国といわれています。

そのため冠婚葬祭のマナーをきちんと覚えて、それをしっかりと守る必要があります。とくに、葬儀に参列する際にはふさわしいマナーを示す必要があります。では、どのようにマナーを示すことができるでしょうか。例えば、服装に関してです。葬儀の際の服装は基本的に黒を着用することになっています。それで、男性であれば黒のスーツを着用するようにしましょう。ブラウスは白を着用し、ネクタイと靴下も黒を選びましょう。

そして、女性であれば、喪服もしくは黒のスーツやワンピースがのぞましいでしょう。そして、学生であれば男子も女子も学校の制服を着用するとよいでしょう。また、服装だけではなく、カバン、靴、髪留めも派手なものを控えて葬儀にふさわしく慎み深いものを選びましょう。葬儀は、自分のファッションに注目させる場ではなく、亡くなった人の死を悲しみ、そして残された遺族を慰める大変厳粛な場です。

マナーの欠けた服装をするなら、遺族に対して大変失礼に値しますし、参列者たちに嫌な思いをさせたり、感情を害することになりかねません。それで、自分の好みや要望などを優先させないように十分気を付けましょう。また、あまりにも大きな声で会話をしたり、騒いだりしないようにも十分気をつけておきましょう。そして、もし、子供を連れて葬儀に参列する際には、子供が走り回ったりしないようにもしっかりと見届けておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *