葬儀準備のときの宗教確認

宗教によって、葬儀の内容は変わります。

葬儀は、故人が所属している宗教や信仰によって行うのが基本です。故人に決まった宗教がない、わからない場合には家族の宗教に合わせますが、わかる場合には故人の宗教、信仰に沿って行います。故人と家族の宗教が違う場合には、少し注意が必要です。例えば、家族は仏教徒だけれども、故人はキリスト教徒だったような場合です。

故人の遺志を尊重するならばキリスト教式で葬儀をあげますが、菩提寺に先祖代々の墓があり、そこに故人の遺骨を納骨する予定ならば、キリスト教式で葬儀をあげると納骨してもらえない可能性があります。つまり、仏式の儀式を行っていないと納骨を断られてしまう可能性があるということです。

この場合には、その後のことを考えれば仏式でやったほうが良い可能性があります。故人を弔うことが重要ですが、それに加えて遺族のその後のことも考えなければならないからです。納骨、法要、お墓まいりのことまで含めて考えて、準備しましょう。故人が無宗教者だったならば、故人の意思を尊重してあげると良いです。

例えば故人の思い出のものをお別れ会の会場に飾ったり、音楽を演奏して送る、などの自由なスタイルが可能です。ただし、自由なスタイルは自発的に準備しないといけないことが多いので、気をつけましょう。費用については、香典を受け取るか辞退するか、会費制にするか、のいずれかで行います。案内状にどの方法にするかを書いて案内する必要があります。
茂原の葬儀のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *