葬儀の準備は専門業者に頼むと落ち度がない

葬儀は突然行われる式です。

心の準備もできていなく、故人とのお別れが受け入れられない時期に葬儀の内容を考えなくてはならないので、どういったことをすればよいのかとまどうこともあります。まず、病院で先生にご臨終と告げられると、遺族は葬儀会社の手配をしなくてはなりません。決まったところがあればそこへ電話をします。

ない場合は病院からの紹介や霊安室の電話の近くに紙が貼られていることもあるのでそれを見て連絡をします。葬儀会社は24時間対応してくれるところが多いので安心です。連絡後は業者との相談の元準備を始めます。自宅で通夜を行う場合は遺族以外の親戚に先に行ってもらい、家の片付けなどをしてもらいます。ご遺体を自宅に運ぶ際もすべて業者が行ってくれますし、ドライアイスや枕飾りなど必要なものも用意してくれます。また、通夜会場として使用する際もすぐに使えるよう手配をしてくれます。

お葬式の日程や火葬の方法、届けには何が必要かなどすべてアドバイスをしてくれるので、安心です。遺族としてしっかりしなければいけないと思う反面、何をしなくてはいけないのかつかめきれないことがあります。また、精神的にも疲れている状態であるので正常な判断ができないこともあります。業者との話し合いには遺族全員に集まってもらうようにし、皆で話を聞くと落ち度がありません。その際、後のトラブルを防ぐためにも費用に関しても積極的に聞くようにすると良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *