信頼できる葬儀会社を決める

互助会などに入っている場合には、生前から葬儀社が決まっているケースもありますが、普通は死後遺族が話し合って決めることが多いです。

通夜までは時間がないので、慎重に素早く決める必要があります。まず葬儀会社の形態ですが、様々な規模が存在します。地域密着型、全国展開型、など幅広いです。花祭壇に特化した葬儀社など、特定のスタイルの葬儀を得意としている所もあるので、最初にどんな形式でやりたいのかを考えておくようにしましょう。

できれば複数社に見積もりを取って、比較検討して選ぶのが望ましいです。時間がないからといって慌てて決めてしまうと、料金形態がわかりにくい、利益しか考えていない、不親切、など良くない業者に当たってしまう可能性があるので気をつけましょう。ちなみに、病院から安置場所まで搬送してくれた業者にそのまま葬儀まで頼む必要はありません。それとこれとは別ということで一旦区切りをつけて、新たに選びなおしたほうが良いです。そうでないと、病院から紹介されたから、たまたま都合が合ったから、などという適当な理由で業者を決めて後悔してしまう可能性があります。

打ち合わせの時には、複数の遺族で臨むようにしましょう。この時には故人との別れから時間が経っていないので悲しみに打ちひしがれているかもしれませんが、冷静になって対応しなければなりません。緊急時でも冷静に頭を回転させられるような人を代表に立てて打ち合わせを進めていきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *