葬儀のときの寺院への依頼

葬儀のときに寺院へ依頼する場合、菩提寺があるかないかによって変わってきます。

菩提寺がある場合には、遺体を自宅に安置して菩提寺の僧侶に枕経を読んでもらったあとで通夜や葬儀の日時、参列する僧侶の繊細、戒名、お布施、などの相談をすることが多いです。枕経を省略する場合には、葬儀の相談を電話で行うか、直接僧侶のお寺に出向いて行います。本家の菩提寺から遠くて葬儀を頼めない場合には、菩提寺にお伺いを立ててから、最寄りの同じ宗派のお寺を紹介してもらう方法もできます。

その場合、そのまま菩提寺とお付き合いするのであれば、読経だけ最寄りのお寺で行ってもらい、戒名は埋葬や法要の際に菩提寺につけてもらうのが一般的です。業者は最寄りのお寺を紹介するサービスも行っているので、相談してみると良いでしょう。菩提寺がない場合には、お墓なし、宗派も問わないならば葬儀社に僧侶を紹介してもらえば良いです。この場合も、先ほどと同様に読経だけしてもらうと良いでしょう。

なぜなら、戒名をつけると檀家、菩提寺の関係を結んだことになるからです。すると後で寄付などの、檀家としての付き合いが必要になることもあります。ただし、戒名がないと埋葬してくれないお寺もあるので、その点は事前にお寺に確認しておきましょう。業者に頼んで、戒名がなくても埋葬してくれるお寺を探してもらうようにするとスムーズです。お寺関係のことは不慣れでも、よく調べて決めるようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *