葬儀の流れについて知ろう

葬儀の流れについて詳しく知っている人は、実のところ多くはありません。

ほとんどの人は、参列する側として関わることはあっても最初から最後まで取り仕切る経験はあまり無いと言えます。そのため、通夜や葬式、火葬の流れは理解していてもそれ以外のことは知らない人も多いでしょう。まずは、臨終の後の流れから言うと、死亡の手続をする必要があります。亡くなったのが病院などの場合には、遺体を自宅まで搬送します。そのあと、納棺の儀式や葬儀の打ち合わせを行ないます。

通夜では、遺族が集まることがほとんどですが、その際に行われる内容は宗教や宗派によって異なります。そのあと、葬式や告別式が行われますが、この形も人によってそれぞれです。例えば、身内だけで行ないたい場合や社葬などのように大人数で行なう場合もあります。葬式の後には、故人との最後のお別れとして出棺があり、火葬、骨上げが行われます。火葬の後にはお清めをし、初七日法要や精進落としを行ない、遺骨を迎えることになります。

この一連の事柄が、一括りとして葬儀として扱われています。さらに、この後に遺族は香典返しや四十九日忌法要、遺産相続や諸々の届け出や手続きを行なう必要があります。これらは葬儀の一括りとしては入りませんが、忘れてはいけない事ばかりなので注意しなければなりません。葬儀の流れはこのような形が一般的ですが、宗教や宗派の違い、地域などによっては異なることもあるので、きちんと調べておく必要があると言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *