葬儀の準備はいつ行うのが正解か

葬儀は冠婚葬祭の中で最も威厳のある大切な儀式です。

人生を終えた人を浄土に送り出すこの行事、誰もが避けて通れない道です。非常に大切だと分かっていながら、何をいつ準備すればよいか知らない人も大勢います。葬儀の準備は参列者としての立場から見ると、社会人ならいつでも参列出来る様にしておくのがマナー。家族の葬儀の準備の場合は本人の意思にもよりますが、体調を崩して間もなく行うのが通例です。あまりに早い完璧な段取りは若干問題もありますが、別れの時を迎えてから始めたのでは全く遅過ぎます。

せめてお世話になる葬儀社選びや、会場や執り行うスタイル程度は決めておくと良いでしょう。いざという時は想像以上にバタバタと忙しく慌ただしくなるものです。これにはお金の用意も含まれます。事前の慎重な姿勢が強いては自分を助ける事になるので、近親者に高齢者が多い、自分には最期を看取ってくれる家族がいないなどの状況に応じて、積極的に行動を起こすと良いでしょう。

亡くなってからの事は誰にも分かりませんが、必死で生き抜いた人生の最後を丁寧に終わらせるのはやはり大切な事ではないでしょうか。専門のマニュアル本や葬儀社及び市政の相談窓口もあります、一度足を運んでも良いでしょう。予算や必要な物一式を揃えておけばいざと言う時に安心です。少子高齢化を迎える日本では特に重要な事柄でもあります。他人事ではなく、自分の事として受け止め実行してください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *