葬儀のためには、どんな準備が必要か。

葬儀とは、突然おこるもの。

そして、慌ただしくことが進んでいきます。そんな中でも、しっかりとした状況でもの後を決めていく必要があります。そのためには、生前からある程度の準備が必要です。病院から余命宣告を受けたら、どこの葬儀社さんに頼むかを考えましょう。生前相談は、どこの葬儀社さんでもやっています。近くにある葬儀社を訪ね、どのようなプランがあり、どのような内容になっているのかを確認しましょう。

また、それぞれの業者で料金プランも違いますし、ホールの規模も違います。故人様の式の規模を考えて場所の選択をするのもいいでしょう。内容は、専門的なこともおおいですが、わからないことはすべて聞きましょう。余分な金額をかけないためにも、内容を理解することがとても重要です。基本的には、パッケージ化していますので、パッケージ費用と、それ以外の費用を見積もりしてもらい総額の金額を明確にしましょう。

また、僧侶への支払いも同様です。菩提寺などがある場合には、お寺へ直接聞いてみるのが一番です。また、相場がどのくらいかということも考えましょう。戒名をいただくのか、どの位の戒名なのかによってもお布施の金額は変わります。菩提寺がなく、紹介してもらう場合は、金額を明示してもらえますが、菩提寺になると葬儀社は口を出せないというのが現状です。葬祭費用・食事・返礼品・香典返し・お布施の合計が、総額です。決して葬祭費用だけではないことを忘れないでください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *