事前に葬儀相談しておくメリット

いざという時になって慌てないようにするには、事前に準備しておくことが大切です。

しかし、こと葬儀となると、普通の準備とは違う問題が出てきます。「もう長くないと言われたけれども、もしかしたら助かるかもしれない」「奇跡が起きるかもしれない」「生きているうちに準備を進めるなんて不謹慎だ」といった感情の上での問題です。これがしばしば、遺族間で内輪揉めの原因になることが多いです。準備は大切とわかっていても、いざ自分の大切な家族の葬儀となると感情が邪魔してしまいます。確かに気持ちはわかりますが、事前に相談しておくメリットは大きいです。

臨終後はすぐに病院から立ち退かなければならないので、御遺体を搬送する専用の業者を呼ぶ必要があります。この半創業者は、病院が指定してくることも多いです。しかし、実際には指定ではなく、単によく使われている搬送業者だったというケースも少なくありません。病院が葬儀社を指定することはできません。それを知らずに、臨終の混乱のなかでそのまま式も任せてしまうと、あまり良くない業者に当たってしまうこともあります。

もし事前に相談してひとつの業者に決めておけば、搬送から儀式全般まで任せることができます。時間に余裕のある時に相談しておいた業者ならば、じっくり話を聞くことができるので安心です。まだ生きている人の葬儀の話は誰しも躊躇するものですが、実際には事前に業者を選んでおくメリットは大きいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *