現代の葬儀料金の考察

現代は昔では考えられない冠婚葬祭を見ることができます。

特に葬儀や埋葬方法は昔の日本とは違って、驚かされるスタイルをたくさん見ることができます。冠婚葬祭の劇的変化の背景には、デフレ経済や、人間関係の希薄化、異文化の流入など様々な要因が考えられます。劇的な変化の一つに葬式の費用の減少をみる事が出来ます。特に近所づきあいなどが希薄化している首都圏で、費用の減少傾向は顕著であると言えます。首都圏の葬儀社では費用が100万円程度かかる一般葬ではなく、料金が30万円未満でできる家族葬や直葬の受注が伸びています。家族葬の良い点は料金が安いこと以外に、訃報を多くの親戚や知人、友人に知らせる必要がありません。

また会葬者に返礼品や食事の用意をする必要もなく段取りが非常に簡単であると言えます。また家族葬であると、遺族に多くの金銭的負担をかけずにすみ、遺族にも優しい葬式であると言えます。また最近では自分の葬儀の段取りを自分が生きている間にする人もいます。葬儀社では生前相談も積極的に行うようになっています。生前に相談し費用も払い込んでしまい、一切遺族に金銭的負担をかけない人も多くなっています。

また画期的なのは首都圏では生前葬を行う人も増えています。生前葬とは生きているときに行う葬式を指します。ホテルやレストランに生前親しかった人や、知人や友人、親戚を招き本人が礼を述べたり、謝罪したり、歓談を楽しむ葬式スタイルです。一般葬よりも安い料金で執り行うことができます。
市川の葬儀のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *