葬儀の規模等で料金は大きく変わります

突然訪れる事の多い葬儀に際し、遺族は分からぬ事ばかりで、どのような葬儀を営むべきか戸惑う事が多いものです。

特に葬儀の費用は高いと言う印象は誰しも持っていますが、実際にどれほどの料金かは経験した事がなければ分からず、特に気になる項目です。この料金は規模によって大きく異なり、一概にいくらが妥当だとは言えません。最近増えている家族葬は、家族を中心にごく親しい人達で小規模に葬儀を営む事で料金を安く抑えようと言う想いもあり、増えているのでしょう。

費用は、葬儀社に支払う式に関わる祭壇、棺などの物品と会館使用料や司会費用と、そこには含まれない飲食代、そして僧侶に渡すお布施に大別されます。規模が小さく身内中心の家族葬にすれば、料金の中で大きなウエートを占める祭壇なども見栄を張る必要もなく立派なものは不要で、費用を安く抑える大きなポイントとなります。また参列者が少ない事は広いスペースも不要で、飲食代も人数が少ない分安く抑える事が出来るのです。

さらに、通夜や葬式で読経を上げ、戒名や法名を頂く事に対する僧侶の方へのお布施は、30万円程度が相場と言われており、僧侶を呼ばずに読経をCDなどの録音を使えば、この費用は浮く事になります。この様に料金は、通夜式を行わない1日葬として、僧侶も呼ばなければ家族葬会館を利用して40万円弱で済ます事も可能です。

一方で会社関係などの参列者が多く、立派な祭壇を設けた場合では、300万円程度必要な事もあります。この様に掛かる費用はまちまちであり、高齢者が居られる場合には、事前に何社かの会館を訪れて知識を増やし、費用も含め自分達の想いに合った通夜や葬式を営めるようにして置く事も必要と言えるかも知れません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *