現代の葬儀料金に関する考察

現代は固定観念や慣習などにとらわれない時代になっています。

そして新たな価値観が様々とみられるようになり、その価値観が尊重される時代になっています。つまり価値観の多様性がみられ、それが認められる時代になっています。こうした傾向は冠婚葬祭にもみる事ができます。その代表的なものが葬儀であると言えるでしょう。かつての日本では冠婚葬祭が非常に重要視される文化がありました。

それ昔は娯楽が少なく結婚式と葬式だけが多くの人々が集いコミュニケーションを図れる手段であったためです。そのためどの家庭でも葬式には多くのお金をかけ、盛大に執り行い、たくさんの会葬者をみる事ができました。しかし現代では首都圏をはじめとしてたくさんの娯楽が存在します。そのため現代では冠婚葬祭を娯楽ととらえる人が少なくなりました。また首都圏をはじめとして人間関係の希薄化、デフレ経済による年収の伸び悩みなどを背景に冠婚葬祭を重要視しない傾向も見受けられます。

そこで現代では首都圏をはじめとして参列者がごく身近な身内に限られる家族葬や直葬を執り行う人が増えつつあります。家族葬は料金が一般葬の三分の一といわれており、不景気の日本のニーズに非常にマッチしていると言えます。家族葬の料金相場は20万前後となっています。料金が安いと言っても、僧侶の手配や霊柩車、祭壇、供花など一式すべてそろっており、なんら一般的な葬儀と遜色ありません。むしろ遺族はじっくり故人と向き合え、満足のいく葬儀を執り行うことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *