葬儀料金の内訳について

葬儀を執り行う場合には、最終的にどの位の料金が必要となるのか不安になりますが、この場合には、その内訳を抑えておく必要があります。

葬儀は、参列者の数によって大きく異なることになり、場合によっては地域における慣習が影響をすることもあります。都市部においては、家族葬も含めて非常にシンプルな葬儀が執り行われることも多くなってはいますが、地方においては一般葬で執り行うことも多く、この場合には、200万円近い料金が必要となります。

内訳としては、まず固定費があり、ここには式場、祭壇、基本料金、葬儀社の立替費用やオプション費用が含まれています。変動費としては、お通夜式、告別式それぞれの料理、返礼品があり、その他として宗教者への返礼金がかかることになります。人数が大きく関係してくる内容としては変動費があり、この場合、人数が少なければ、その分費用がかからないことになります。

また、宗教者への返礼に関しても宗派や地域によって異なることも多く、ここでは、戒名料に関しては、別途、どの程度必要になるのか確認をしておくことが必要になります。葬儀の料金は、1つの例として、上記の内容を全て含んだ場合には、遺族・親族で25名、一般会葬者50名の場合で概ね、205万円程度となっています。通常、耳にする会員価格を利用した場合などでは、この場合、170万円程度となり、内容としては、式場費用、祭壇、基本料金に対して減額が適用されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *