葬儀料金に関する考察

日本では冠婚葬祭を非常に重んじる文化があります。

それはこうした機会に親戚、知人、友人などが一堂に会し、コミュニケーションを図ることができ、横のつながりを強固にすることができるためです。しかし現代の日本は非常に厳しい社会になっています。特に日本経済はデフレ経済から脱却できずに雇用が安定せず、またサラリーマンの給与も伸び悩んでいます。

そのため多くの人々が冠婚葬祭に多くの費用をかけられなくなっています。そのため最近では冠婚葬祭をどれだけ安く抑えることが出来るかが多くの人々の関心ごとになっています。結婚式に関してはスマート婚プランを提案するブライダル業者も多くなっており、非常に安く結婚式を執り行うことが出来るようになっています。スマート婚の料金を15万円前後に抑える老舗ホテルも現れています。しかし葬式に関しては安い料金にできないのではないかと考え、葬儀社の言われるままに高い葬儀を発注する人も少なくありません。

葬儀社も現代の景気や収入を考慮し、安い葬式プランを沢山提案する様になっています。家族葬は安い料金の葬儀の代表的なものと言えるでしょう。会葬者は第三者を含まず、家族や親せきなどごく限られた身内10名程度で執り行われます。料金も一般葬の三分の一が相場であると言われています。しかし最近ではますます費用を安く抑えようとする人が多くなっており、首都圏では直葬の発注が多くなっています。火葬場で略式の葬式をするのが直葬といわれています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *