葬儀の料金に関する考察

現代の日本は非常に景気が悪いと言わざるを得ません。

デフレ経済から脱却できないために、雇用も不安定であり、サラリーマンの給与も一向に増える兆しはありません。そのため生活していくことで精一杯であり、娯楽や贅沢品にお金をかける余裕がない家庭も多く見受けられます。加えて冠婚葬祭にも多くの費用をかけることが難しい時代にもなっています。

そのため結婚式や葬式を極力質素に、安い料金で執り行おうとする人が多くなっています。結婚式はスマート婚や地味婚、ナシ婚などがトレンドになってます。いずれもかつての結婚式費用の相場の三分の一以下になっているとも言われています。葬式も同じように非常に格安のものが多くなっています。家族葬、直葬はその代表的なものであると言えるでしょう。家族葬は形式は一般葬の形をとる葬儀を指します。

しかし会葬者が多くなく10名程度の身内や親せきだけで葬儀が執り行われるので料金も一般葬の三分の一程度になっています。祭壇、棺、供花の手配、僧侶の手配も行ってくれるので、料金が安くてもその内容は何らそん色ありません。また直葬は火葬場で略式の葬儀を行うものを指します。

直葬であると費用は15万円程度であり、遺族にとって非常に優しい葬式と言えます。また最近では埋葬もお金をかけない散骨や宇宙葬、樹木葬と言った既成概念を覆すような料金の安い埋葬法も人気になりつつあります。樹木葬は墓石の手入れも必要なくメンテナンス費用も非常に安いと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *