葬儀の大まかな流れはどのように構成されているのか

大切な方が逝去されると、その直後から遺族には大切な責任を担うことになります。

故人への感謝を込めて清らかな心で葬儀を執り行うとともに、遠方から参列してくださった方々にも真心のおもてなしを行わなければならないからです。そのためには葬儀会社とも入念に打ち合わせを行い、短時間のうちにきちんと流れを決めて準備に当たる必要があります。まずは式の手配を依頼する会社を選択し、電話をかけるところから始めます。中には生前から前もって事前に会社を決めておくことで滞りなく準備に着手できるケースもありますが、まずは亡くなられてから行動を起こすのが通常です。

ご遺体を病院や施設などから安置所や自宅へ移すのも業者が執り行ってくれますし、専用の安置所にてご遺体を預かることも可能。そうしているうちにまずはお通夜や本葬の日取りを決定した上で、式の流れや宗教、宗派、式を執り行う宗教者の選定、さらに会場や火葬場の予約も行います。葬儀においては宗教によって大きく流れが異なるので、まずは宗教者と相談して確認することが必要です。

仏教であればお坊さんがお経を読む中で、スタッフの案内に任せて参列者が一人ずつご焼香を行い、最後にご遺族の代表者の挨拶が行われた上で、出棺となります。この時、葬儀会場から霊柩車までご遺族の何人かが棺を抱えて移動する場合もあります。最終的には火葬場まで向かう人は移動用のバスや車に乗り込み、霊柩車とともに出発。それ以外の人はその場で見送ることとなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *